張替え

現在お使いのスピーカー、知らない間にエッジがボロボロになって穴が開いていませんか?
穴の開いたスピーカーは音が変わるばかりでなく使えなくなることもあります。
早めに張替えて買った時のような輝きを取り戻しましょう。

長期間使用したスピーカーは
一部の物を除いて画像のようになります。
この状態で鳴らしても本来の音は出ず
非常にバランスの悪い音になります。
また長期間放って置くと重力でコーン紙が下がり
補修が困難になります。

穴が開いたらできるだけ使用を避けて
張替えをしてください。

 

ユニットを外し古くなったエッジをきれいに取り除きます
少しでも残っていると隙間ができ本来の音を奏でません。

こちらのユニットは敗れてから時間がたっているので
センター出しが不安です。



ガスケットはできるだけ再利用します。
この時点で古いエッジはキレイにしておきます

エッジをきれいに除去しないと張り替えても意味がありません。



 

コーン紙の裏側も奇麗にします
ここを奇麗にしないと接着不足になり
隙間ができ本来の音が出ません。





水性ボンドでセンター出しをし内側を決めていきます。
当店ではオリジナルを大事にしたいので
補修する前、内側のエッジが裏側に貼ってあれば
そのように張り替えます。

 

上側に貼ると簡単で短時間で仕上がりますが
再び補修する際にエッジをきれいに剥がせなくなるので
極力裏側に貼るようにしています。

ボンドを塗布した後一日かけて乾燥し外周を貼り付けます。
ユニットをキャビネットに取り付け2~3日かけて音出しを確認いたします。


  • 料金
  • 25cm未満        30.000円(ウレタン)ペア
  • 25cm以上38cm未満    36.000円(ウレタン)ペア
  • 38cm以上40cm未満    38.000円(ウレタン)ペア
  • 40cm以上        44.000円(ウレタン)ペア
  • ドロンコーン      20.000円(ウレタン)ペア
  • ドロンコーン+他ユニットの際のドロンコーン25.000円(ウレタン)ペア